これさえ見ればベンチャーの動向がわかる【サイト5選】

みなさんこんばんは!HMです。
昨日が仕事始めの方も多かったのではないでしょうか。

2020年はなんだか波乱万丈な年になる予感がムンムンとしていますよね。早速イランとアメリカがドンパチし始めていますし

そんな年こそ、きちんと情報収集をしてトレンドを押さえておきたいですよね!
そこで本日は普段私が、ベンチャーやスタートアップについての情報収集をしているメディアをご紹介いたします。(*’ω’*)

最近は大手とベンチャーの交流が活発ですし、なんといってもIPOは大きなチャンスにもなりますので、常にアンテナははっておくべきだと思っています。

では無駄話もこの辺にしておきますね

1. MUFG Innovation Hub

これは三菱UFJが運営する、最先端のテクノロジーについての情報発信メディアになります。業種柄、フィンテックやブロックチェーンに関するニュースが多いですが、私はロボット・人工知能という項目をよく見ています。

2. CNET Japan

次はCNET Japanです!これは大手の人たちが見てるイメージのサイトです。(勝手ですがww)
色んなテーマの情報を扱っているので、電車の中で暇つぶしがてら使えるサイトです。
最近では、みんな大好きな5Gのニュースも多く取り扱っていて、これさえ見てれば大丈夫です!

3. tech crunch

テッククランチは、もうベンチャー界隈の人なら必ず目を通しているメディアですね!資金調達のニュースを結構拾ってくれるので、助かります。いちいちプレスリリースのサイトなんて見てられないですし
海外のニュースも多いので、時間がある方は目を通しても良いかもしれませんが、私はさらーっと目を通して、気になるベンチャーのお金の話だけを見ている感じです。

4. News picks

そして一番情報収集に使っているのが、ユーザベースが運営するニューズピックスです。ニュースじゃないですからね!ニューズですからね(^▽^;)
ニュースに対して、各業界の著名人たちが働き方改革によって余った時間を、コメント投稿に費やしてくれていますので、色んな意見がみれて面白いです。正直、このサイトだけ流し読みしているだけでも十分かと思います。
テクノロジーと、ビジネスというカテゴリをメインに私は読んでいます。

5. SELECK

最後におまけでセレックというビジネスナレッジメディアをご紹介いたします。正直、トレーダーが見るようなサイトではなく、各セクションごとに、どんな施策を取ったら上手くいったかを紹介しているメディアです。なので、かなり現場向けの内容となっていますが、施策が上手くいっていることは、その企業にとってポジティブなことですので、上場しているベンチャーが取り上げられている時は必ず目を通します。

過去に、ロックオンという会社のマーケ担当の記事がとあるメディアに載っており、上手くいった試みについて話していましたが、その後売上も順調に回復し、株価も上がるということがありました。
なので、私はかかさず、その企業の現場での取り組みについても目を向けるようにしています。

ということで、夜中にずらーっと並べてみました。
そんな物凄い情報が得れるというものではないですが、世の中の動きについていく上で使えるメディアなので、ぜひご覧いただければと思います。

では、また明日👋

 

 

 

 

エイチエム

中学受験を経て某中高一貫校に入学 付属高校に上がらず部活をやりたいがために田舎の高校へ 部活を挫折し、大学は慶應大学法学部法律学科入学 大手のエリート企業には行かず、スタートアップに入社 心労のため、現在は超優良中小企業で働いてます! 社会人3年目のリーマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする