福岡の雄 PBシステムズのポテンシャルとは?part1

みなさんこんにちは!
2019年も残りわずかということで、みなさんはやり残していることはありませんか?

私はPBシステムズについて、熱く語るということをやり残しておりますので、今日から3日間にかけて、書いていこうと思います。

では、今日は第一弾ということで、少しポップな感じで行きたいと思います(*ノωノ)

PBシステムズですが、9月に福岡証券取引所に上場をしたクラウド事業を主力としている会社です。クラウド事業以外には、4D王というVRサービスの提供と、Saas化支援サービスという時流に乗りまくりのサービスも行っています。ただ現時点ではクラウド事業が売上の大半を占めております。

堅い話は次回に置いておいて、まずはこれを見てください!

PBシステムズのHPのトップ画面ですが、結構個性的ですよね!
そうなんです。この会社、多くの会社が忘れてしまっている「遊び心」がある会社なのです。これって、事業を行う上ですごく重要なことだと思います。

遊び心というのは、それなりにゆとりがないと持てません。ゆとりを持つということは、自分たちを客観的に見たり、今の方向性が正しいものなのかを見直せたりと、多くのメリットがあります。
せかせか毎日仕事に追われていて、目の前しか見えていない会社、余裕、ゆとりのない会社は、結構危険だと個人的には思っています。

PBシステムズの公式ツイッターも中々ノリが良く、株主とのコミュニケーションを楽しみつつ、一方できちんと重要な情報発信も行っており、メリハリがつけられている印象です。

では、何故私がこの会社の株を買ったのか

それは一言で、秘めているポテンシャルと市場の評価、時価総額があまりにも乖離しすぎているからです。詳しい数値については、次回語っていきますが、とりあえず言えることは、時価総額20億程度の会社では絶対にないことです。

何故なら、今後大きなテーマとなる「2025年の崖」問題のど真ん中のテーマであり、Saas化支援というこれから本格的に需要が増えてくる事業を行っており、更にプラスで4D王というみんなをワクワクさせてくれるテクノロジーを持っているからです。

今日は最初ということでジャブ程度に、軽い内容しか書いてませんが、とりあえずは、何だか面白そうな会社があるなと思って頂ければ幸いです。

では、次回がっつり超大作を書いていきますので、よろしくお願いいたします。
(ウルトラマン見たいので、今日はあまり時間が取れませんでした。もし今後ウルトラマンと4D王がコラボしたらステキ過ぎます。)

エイチエム

中学受験を経て某中高一貫校に入学 付属高校に上がらず部活をやりたいがために田舎の高校へ 部活を挫折し、大学は慶應大学法学部法律学科入学 大手のエリート企業には行かず、スタートアップに入社 心労のため、現在は超優良中小企業で働いてます! 社会人3年目のリーマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする