IPO銘柄への投資で心掛けるべきこと3箇条

みなさんこんにちは!
1か月ぶりの更新となりました。”(-“”-)”

今後何を書いていこうか迷っていましたが、私の日々の業務や業界での裏話と株を織り交ぜた内容をどんどん発信していこうというところで落ち着きました。

さて、本日のテーマですが、IPOについて私なりの考えを書いていきます!
12月はIPOシーズンということもあり、みなさんはどのように選定を行っていますか?

テーマ?勘?需給?誰かの推奨?
色々あると思いますが、私が思うに殆どの人が勘か需給だと思います。
当然超短期なら、どれでも良いかとは思います。
ただ、IPOから本気で大化けする会社を選びたいんでしたら、複数の条件に合致しているかを分析しなければ成りません。その複数の条件についてまとめていきますね


1. 市場の成長率

これが一番大事です。その企業の事業内容がきちんと成長する市場と合致しているか。
CAGR(年成長率)がどれくらいのものなのか。

これはネットで検索をすれば、予測レポートや調査レポートがどの市場に関しても大体出てきます

どんなに素晴らしいことをやっていても、市場が伸びていかなければ売上は上げづらいです。なので、きちんと調べるべきポイントです

2. 競合優位性

市場環境を調べた後は、競合状況についても調べましょう。

もし、その会社しかやっていない、その会社しか持っていない技術がある場合は、優位性も何もありません。

ただ、世の中厳しいことに大体のサービスには競合が必ずいます。

その会社が優れている点、他との大きな差別点というのをきっちり調べていかなければなりません。もし自分で調べてもわからない場合はIRに聞けば良いですし、物によっては比較サイトもあります。製品資料がDLできる場合は、迷わずダウンロードしてみる!これが鉄板ですね

3. 時価総額・浮動株

株価を上げる条件として、大事なのが「時価総額」「浮動株」です。
時価総額では、上値がどれくらい期待できるものかを判断する際に活用できます
もう1つは、浮動株です。これは単純な話で、少なければ少ないほどプラチナチケット化しやすいので、株価上昇には欠かせません。

大化けしている会社の多くは浮動株20%以下のところです。

買い方も売り方も両方チキンレースになりやすいので、私は浮動株はかなり重視しています。
これらに該当する会社が福岡にありました。
明日からは福岡の会社について私なりに書いていこうと思います。

エイチエム

中学受験を経て某中高一貫校に入学 付属高校に上がらず部活をやりたいがために田舎の高校へ 部活を挫折し、大学は慶應大学法学部法律学科入学 大手のエリート企業には行かず、スタートアップに入社 心労のため、現在は超優良中小企業で働いてます! 社会人3年目のリーマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする