企業がIRを出すタイミングを予測するには

みなさんこんにちは!
エイチエムです。

今日からは1日2記事ペースでの更新になります。最大限皆さんにとって、読んでいて面白いと思って頂けるようなものにしていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

ということで、この記事では企業がIRを出すタイミングを予測してしまおう!というテーマについて書いていこうと思います。

株価が大きく上がるタイミングは主に下記の3パターンです。

➀ 決算が想定よりも上振れした時
➁ 国策or資金の来ているテーマに当てはまっている時
➂ IRの内容がサプライズor業績に貢献する内容だった時 ☚今日はここ

市場は、新規事業や資本業務提携、戦略的提携などのニュースが大好物です。それは当然のことで、将来の業績向上に繋がる可能性があるからです。

つまり、このIRが出るタイミングをざっくりでも予想ができ、先回り投資が出来れば、他のトレーダーを突き放すことができます。

ではどのようにすれば、予測ができるのかという所ですが、これは下記の2つの方法が最も有効です。
(ただしざっくりしか予想できません。)

1. 決算補足説明資料を隅から隅まで読む

決算補足説明資料に書いてあることは全て読むというのが重要です。よく今後の展望という項目で、「大手企業との協業について協議中」「第1四半期中の新サービスリリースに向け開発中」などヒントになるような文言が書かれています。

こういった企業からのヒントにいかに気付けるか、目を通していくかで大きな差をつけることができます。

2. IRに直接聞いてしまう

これを見て、IRがそんなこと教えてくれるわけないでしょと思う方もいらっしゃるかと思いますが、それは大間違いで、企業(担当者)によってはかなり突っ込んだところまで教えてくれます。

さすがに日時について教えてくれるIRはいませんが、大まかな目途や、進捗状況については親切に教えてくれますので、自分の気になる企業や想定しているシナリオがある場合は、遠慮せずに聞いてしまいましょう。

この際、メールよりかは電話でのコミュニケーションの方がおすすめです。メールですとかわされてしまう可能性がありますので、時間を作って電話で聞くようにしましょう。

ということで、実際に私も実践しているIRが出るタイミングを探る方法についてご紹介しました。

他にも、メディアに出ている記事を読むことも手段としてありますが、上記の2つが最も有効だと個人的には考えています。
ぜひ実践してみてください!

エイチエム

中学受験を経て某中高一貫校に入学 付属高校に上がらず部活をやりたいがために田舎の高校へ 部活を挫折し、大学は慶應大学法学部法律学科入学 大手のエリート企業には行かず、スタートアップに入社 心労のため、現在は超優良中小企業で働いてます! 社会人3年目のリーマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする