with コロナ時代の投資について part3

みなさんこんにちは!
エイチエムです。

今日の天気の良さは鬼ですね。まさにレジャー日和!なんてことを言いますと不謹慎なので、言いませんが
ただせっかくですし、気分転換に散歩くらいはしないと勿体ないですので、私はこの後散歩に行ってきます(*‘∀‘)

さて、今日も5月の注目決算について挙げていきたいと思います!

【5月12日】
インプレスホールディングス 証券コード9479

<ひと言メモ>
ホールディングスのHPがダサいのが残念ですが、ここはコロナが追い風の注目企業です。電子コミック事業を筆頭にメディア事業が好調です。中の人のツイッターを覗きましたが、想定以上の流入があるそうです。決算勝負したい企業です。

【5月13日】
ピクスタ 証券コード3416

<ひと言メモ>
ここはきっかけ1つで大きく飛躍すると思います。Web広告の素材は需要が右肩上がりに今後も増えていきますので、ここの有料会員も増えていくでしょう。ストックビジネスで安定していますので、好決算を期待しています。

【5月13日】
オロ 証券コード3983

<ひと言メモ>
国産ERPの最大手です。主力ツールのZACが好調なので、数字はまずまずなものは出ると思います。時価総額が高い点が気になりますが、中長期投資に向いていると企業です。

【5月12日】
AI inside 証券コード4488

<ひと言メモ>
AI OCRのシェアNo.1企業です。紙書類の電子化は今後も需要は大きく増えるでしょう.(特に役所を中心に)
主力製品のDX Suiteが伸び続けていますので、好決算は確実でしょう。後は市場がどれくらい織り込んでいるかです。

【5月11日】
ソネットメディアネットワークス 証券コード6185

<ひと言メモ>
DSPツール「ロジカド」を筆頭にデジタルマーケティングソリューションを提供する企業です。主力のアドテクノロジー事業の成長が牽引し、好決算が期待できる企業です。先日前期の数字ついては上方修正も出しており、今期予想が気になるところです。

5月12日はIT企業の決算が沢山あり、決算を追うのが忙しい1日になりそうです。

ではまた明日!

エイチエム

中学受験を経て某中高一貫校に入学 付属高校に上がらず部活をやりたいがために田舎の高校へ 部活を挫折し、大学は慶應大学法学部法律学科入学 大手のエリート企業には行かず、スタートアップに入社 心労のため、現在は超優良中小企業で働いてます! 社会人3年目のリーマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする