【エイチエム亭】IPO企業について考察してみたpart1 ビザスク

みなさんこんにちは!
エイチエムです。

さて、3月に入り、IPOが増えてくる季節になりました。私が付き合いの合ったベンチャーもボチボチ上場する感じなので、何回かに分けて私なりの考察を書いていこうと思います。

第一弾はビザスクという会社です。ベンチャー界隈の人には馴染みがあるかと思いますが、一般の人からしますと「どこそれ?」という感じですよね。

主な事業内容は、ビザスクというナレッジシェアプラットフォームを運営している企業です。ナレッジシェアとカッコいい感じで書いてありますが、サービス内容としては、業界のプロフェッショナルな人に最低1時間~インタビューができるサービスです。

新規事業や他業界への新規参入をする際に、ネットのリサーチやデータだけでは分からないような、リアルな情報を得たいときに、専門家にインタビュー、ヒアリングができるということで、ニーズは結構あるかと思います。

利用の流れは、

1.コンサルの依頼 (クライアント)

2.条件に合う候補者のリストを提示 (ビザスク)

3. 誰に相談するか選定 (クライアント)

4. 日程調整 (ビザスク)

5. コンサル実施 (クライアント)

という形になっていますので、約10万人ほどの登録者の中から、ビザスク側でスクリーニングをしてくれて、お客側で誰の話を聞きたいか選択するという感じです。

ただ、自分で最初から探したいという方にはセルフサーブで探せるビザスクliteというサービスもあります。

リテラシーの高いスタートアップやVCの人は、後者のビザスクliteを使うケースが多そうですね。
ちなみに私も今回のをきっかけにビザスクに、アドバイスする側として登録をしました。見た感じ大体1時間あたり5000円~30000円くらいの案件が多いですね。

印象としては、それなりに経験や経歴がある人の良い副業プラットフォームだなという感じです。

では、どこでお金が発生するのかというところですが、利用する際、法人の契約料として30万、そして案件終了後に謝礼金額の内手数料として30%がビザスクに入る仕組みです。

なので、10万円の案件の場合、アドバイスした人には7万円が支払われます。これはクラウドワークスやランサーズと同じ仕組みですね。

簡単ではありますが、サービス内容としてはこんな感じです。

では、経営陣はどんなメンバーかと言いますと、CEO、COOが元ゴールドマンサックス出身で、CFOや執行役員にはモルガン出身の人がいますね

バリバリ元外資出身の創業メンバーということで、もしかしますと高値掴みした人たちが、3か月後くらいに、買いポジを握り続けるためのネタにするかもしれません(笑)

では株価について私なりの考察を書いていきますね!

恐らく上場時の想定時価総額は300億くらいと言いたかったのですが、地合いが地獄なので、200億前半で落ち着くかなと思います。

想定の売上は今期が9.6億、経常利益が4500万ということで、今後更なる成長が見込まれると言いましても、恐らく上場ゴールになる予感がムンムンです。

この手のナレッジシェアサービス、コンサルサービスですが、スタートアップやベンチャーも結構参入していますし、ビジネスモデル自体が飛躍的に伸びるかと言いますとそうとは言えません。

大手の新規事業部で予算がたんまりあるとことくらいしか、ガンガン活用することはできないかなあと思っています。リピート率8割とはありますが、ほんとなの?という感想です。

今後副業を行う人たちは増えてきますし、プラットフォームの実績としてはしっかりしているので、減収することはないと思いますが、倍々ゲームとはならなそうです。

人件費増や海外向け事業への先行投資によって、いつでも経常が赤字になるリスクはあると思います。
昨年までの売上についてはこの起業ログさんの記事が分かりやすいです!

ということで私は絶対スルーしよう思いました。

それではまた明日✋

エイチエム

中学受験を経て某中高一貫校に入学 付属高校に上がらず部活をやりたいがために田舎の高校へ 部活を挫折し、大学は慶應大学法学部法律学科入学 大手のエリート企業には行かず、スタートアップに入社 心労のため、現在は超優良中小企業で働いてます! 社会人3年目のリーマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする