弱者には弱者の戦い方がある

みなさんこんにちは!エイチエムです!

今日は中々な暴落でしたが、想定よりは個別は強かったですね。
私の持ち株については、損失補填用のりかく、もしくは朝一のリバ狙いで入った短期組のロスカで押された形にはなりました。

さて、本日ですが弱者が勝つための戦い方について、私の考えを書いていきます。
ここで言う弱者は個人トレーダーを指し、かつ運用資金は数百万~数千万程度の人にします。
数十億持ってる個人は例外です(笑)

まず前提として個人トレーダーが大勝ちするためには、大口の人たちと同じ土俵に乗ってはいけまけん。
只でさえ資金、情報力その他様々な面で、不利な条件で戦うのですからあえて相手の土俵に立つ必要はありません。
相手の土俵で戦わない方法とは、今日は私が一番重要だと考えている2点をお伝えします。

1点目は、空中戦をしないということです。デイにはまってる投機さんたちは良いかもしれませんが、凡人リーマントレーダーが値上がりランキング上位の銘柄で空中戦をしましたら95%の人は年内に消えるでしょう。

値動きが激しく、ボラティリティがあるとどうしても短期で稼ぎたく、いや、短期で稼げると思いそわそわしちゃう気持ちは分かります

ただ、どの銘柄でも必ず中長期投資で安値で仕込んでる人がいることも忘れてはいけません。
彼らの廃品回収をすることが一番最悪なパターンです。そのため私は絶対に手を出さないようにしています。

次に2点目は、大型株を戦場にしないことです。これは賛否両論ありますが、大型株は、大口の宝庫です。
時価総額50億前後の板が薄い銘柄をいじるよりかは、時価総額数百億、数千億規模の銘柄をガチャガチャやるほうがやり易いです。

私はリターンとリスクの観点からも、少ない資金で大型株を触るのは非効率だと思います。
私のような弱者は、人に気付かれる前に、大口が目を向けにくい小型株をシコシコ仕込み、時が来たときに一気にイナゴにぶつけて大きくとるというのが、長い目で見ますと一番効率的だと思っています。といいますか、私にはピッタリでした。

人それぞれ色んなやり方があるとは思いますが、自分の立ち位置と見えない相手を想像して立ち振る舞うことも重要だと思います。

エイチエム

中学受験を経て某中高一貫校に入学 付属高校に上がらず部活をやりたいがために田舎の高校へ 部活を挫折し、大学は慶應大学法学部法律学科入学 大手のエリート企業には行かず、スタートアップに入社 心労のため、現在は超優良中小企業で働いてます! 社会人3年目の孤独なリーマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする