4/9 今日の相場について

みなさんこんばんは!
エイチエムです。

今日の相場について振り返っていこうと思います。
今日は昨日の後場に続き、マザーズがバブルな1日でした。

コロナショックから、東証一部は先週かなり戻してきましたが、マザーズは出遅れていたままでしたので、ようやく資金が戻ってきた印象です。

ただ、出来高を見ますと銘柄によっては個人が少し買っただけで10%以上上げているようなところもちらほらありますので、とにかく上で捕まらないことが重要になりますね!

これはマザーズだけの値上がりランキングですが、30位ですら12%と暴騰しています。また、上位30位の内3分の1を2020年1月以降に上場している会社が占めました。

コロナショックと重なり、かなり売られていたこともあり、リバウンドの勢いも強いですね。

一旦明日は一服すると思いますが、来週どこかで直近での高値を取りにくるところも出てくるでしょう。ただこの上げ方は長く続くものではないと感じました。

今回のコロナショックをもろに受けてしまう企業も含まれており、糞味噌関係なく上げている状況ですので、資金が引くときは一気に引くと思います。

そして4月後半にかけて、コロナショックを受けにくい企業に実需の買いが入ると思います。そこからが本当の勝負で実需の買いが入る銘柄にベットできるかどうかで、上半期のパフォーマンスが決まっていくでしょう。

2桁の低位株、マザーズに資金がいっているということは、資金の行き場がもう無くなりつつあるということです。実際東証1部の優良企業はコロナショックを全て跳ね返す水準まで戻しています。

PBシステムズですが、3月上旬の地獄の下げ、900円台後半をつけてから順調に回復をしてきました。一時1500~1600ラインでもたつく場面もありましたが、今日もマザーズに釣られて、終値ベースでは上場来高値をつけています。

2月末にテレワークに関するタイムリーなIRで1999円をつけましたが、あの時はいってこいでした。
2000円という1つの大きな目標、壁がある中で、1900円台は心理的にも売りが出てくると思いますが、私の肌感覚では長期投資家たちがかなり入ってきており、相場に味方はいませんが、一旦時価総額100億ラインくらいまでは空気を読んで協力していこうという雰囲気がありますよね(笑)

2000円のラインを超えましても、明確に2100円を超えてくるまでは、しつこい売りは出てくると思いますが、とにかく3000円台までは我慢です。

私の経験上、3000円を超えてきますと上げのスピードが加速していきます。これはあくまで経験談です。何かしら理由があるかもしれませんが、それは分かりません。

ただ、3000円を超えますと一気にステージが変わります。それを3月中には見たく、2月に予想をしていたのですが、暴落に巻き込まれてしまい、1500ラインに戻るのが精いっぱいでした。雲にも行く手を阻まれていました。

ただ、5月に向けて4月はしっかり土台を固めていきたいところです!

エイチエム

中学受験を経て某中高一貫校に入学 付属高校に上がらず部活をやりたいがために田舎の高校へ 部活を挫折し、大学は慶應大学法学部法律学科入学 大手のエリート企業には行かず、スタートアップに入社 心労のため、現在は超優良中小企業で働いてます! 社会人3年目のリーマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする