同じ過ちの繰り返し 何故学ばないのか

こんにちは!早々もうブログ2日目です…
さて、本日は私が数年間に渡って繰り返している「過ち」についてご紹介します👏

私の投資(投機手法)は、とにかく材料がありそうな低位時価総額の銘柄を見つけ、そこに1点投資を行ってIRが出るのをひたすら待つというやり方です。

この手法全くお金が増えないので、みなさんにぜひお勧めしたいです( *´艸`)
ということで、本日は盛大な損切をしました。おそらく高級寿司に100回以上はいけるかと思います。(都内でお勧めのお寿司屋さんがあったら教えてください!)

そこで、何故私は繰り返し損をしてしまうのか、分析をしてみたので書いていこうと思います。

【どや顔で1点買いから損をするまでの流れ】
1. 低位時価総額銘柄(時価総額50億以下が目安)を調べまくる
2. 決算説明資料、サービス内容、転職口コミサイト、SNSエゴサーチから
  材料が近々出そうなものをピックアップ
3. 浮動株が少ない場合が多く、イライラしながら選択したものをどか買いする
4. どか買いするので、単価はやや高めになる。そしてひたすら耐える
5. トランプおじさんのおかげで株価が下がる
6. 含み損が膨らんでいくと同時に全然IRが出ない
7. 市場へリリース

これでボランティア活動が完了です。僕の損したお金で美味しいものを食べてください。

ここで私の心理状況を詳しく見ていきます!

【幸福感フェーズ】
1~2の間、私は幸福感に満ちています。まるでお宝を見つけたくらい

【楽観フェーズ】
3~4の間、私は楽観的です。そのうちIR出るでしょと

【懐疑育成フェーズ】
5~6でようやく、含み損という現実を受け入れ、これ大丈夫かと不安になっていきます。

もうこうなれば、勝負は負けです。6の状態が続くことで、とてつもない
「悲観」が襲ってきますので…
とうとう悲観おじさんに襲われた私は、決意するのです。

ぶん投げて、楽になろう。リリースしようと

もう皆さん気づきましたよね

相場は悲観の中に生まれ懐疑の中育ち楽観の中で成熟し幸福感の中で消えていく

この言葉を思い出しますよね!これは勝てる人の行動を指してますが私は全く逆の動き方をしていたのです。

こんな偶然あるのでしょうかというくらい、真逆の心理状況になっていました。そりゃ勝てませんよね…

ということで、私は反省しない生き物なので、どか買いしたくなる低位株探しの旅に行ってきますね(#^^#)


エイチエム

中学受験を経て某中高一貫校に入学 付属高校に上がらず部活をやりたいがために田舎の高校へ 部活を挫折し、大学は慶應大学法学部法律学科入学 大手のエリート企業には行かず、スタートアップに入社 心労のため、現在は超優良中小企業で働いてます! 社会人3年目のリーマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする