勝負株 【後は這い上がるだけ】

みなさんこんばんは!
連日ラグビーワールドカップが盛り上がってますね
昨日のサモア戦も手に汗握る展開で、最後の最後に日本が底力を出してくれました!

そんな中、このブログも早2か月が経ち、まだ一度も個別株への言及をしていませんでした。
それではつまらないということで私の勝負株いきます。

証券番号3639 株式会社ボルテージ

そうなんです。唯一最近のゲームバブルに乗れていない会社なんです。

ということで、こと細かくボルテージについて書いてきますね!

【事業内容】
女性向けドラマアプリ(俗に乙ゲー)の開発・運営を主力事業にしている企業です。近年は国内だけでなく、海外での事業展開を行っており、サンフランシスコにも子会社があります。
最も有名なタイトルは「ダウト」、婚活女子が嘘つき男の嘘を暴いていくストーリーですが、400万ダウンロードを記録したヒット作です。
ちょうど今月から映画も公開され、主演は堀田茜さんがつとめています。
私も、観た人の感想を追ってますが、想像以上に評判が良いので、口コミで広がっていくと嬉しいです。

ということで、とにかく女性向けに、女性がドキドキ、キュンキュンするアプリゲームを作っている会社です。あとはVR事業にも取り組んでいます。

【現状分析】
では、さっそくですが私が買った理由を書いていきますね。

そもそもボルテージが堕落していった理由について解説してきます。
今から3年程前は、乙女ゲーム市場もそれなりに盛り上がっており、作ればお金に繋がる状況でした。
その結果、企業は組織拡大に向けて、大量の新卒採用を行いましたが、彼らのマネジメント、教育の体制が整わないこともあり、組織にひずみが生まれていきました。
その結果、新卒は戦力化しない、既存社員は大量に退職してしまうということで、人事部がほぼ機能しない状況になってしまいました。

一方で、認知拡大に向けた広告宣伝費に大量のお金を使っていましたが、十分な費用対効果を見込むことができず、大きな赤字を出してしまうことになりました。マーケティングが完全に失敗してしまいましたね…

さらに、乙女ゲーム市場の成熟化により、次第に収益を上げることが難しくなり、トリプルパンチを喰らってしまいました。

その結果、きれいなフリーフォール状態になってしまいましたね

では、みんな大好きな指標について見ていきましょう!
赤字ということもあり、PERは測定不能、PBRはうーん…
時価総額が26億弱で、浮動株は37%なので、約10億分の株がうろついている状況ですね

個人的には浮動株は30%以内が理想ですが、まあ流動性も考慮して10億くらいは許容範囲としておきます。

ちょっとすいません。
一旦疲れましたので次回、何故私がボルテージを推すのか、また今後の見通しについてまとめていこうと思います!

エイチエム

中学受験を経て某中高一貫校に入学 付属高校に上がらず部活をやりたいがために田舎の高校へ 部活を挫折し、大学は慶應大学法学部法律学科入学 大手のエリート企業には行かず、スタートアップに入社 心労のため、現在は超優良中小企業で働いてます! 社会人3年目のリーマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする