トレーダーは孤独な存在

みなさんこんばんは!
9月は3連休が多かったこともあり、あっという間な感じがしました。
巷ではラグビーワールドカップが盛り上がっており、来週からは世界陸上もあるということでスポーツが盛り上がる季節ですね!

そんな中、ふと思ったことがあります。
なんだか、最近、他力本願な人、仲間意識をやけに持ちたがる人が多いのではないかと

まさか上記のような助け合いみたいなことを期待している人いませんよね?
あの、株式投資って孤独なものですし、友達や仲間とワイワイやるものじゃないですよ
共通の趣味や純粋な友達として、飲み友感覚なら良いですが、自分の判断を他人に委ねてしまうことはあってはならないことです。カモにされるだけですから

何故、突然こんなことを僕が書いているかと言いますと、最近有料のサロンやらNOTEやらが増えており、またラインのオープンチャットが始まったこと、さらに相場の難易度がかなり高まったこともあり、トレードを始めて間もない方が、他人にすがっている光景を見ているからです。
特に最近は増えていることもあり、どこかで書こうかと思っていました。

まず、自分のお金は自分で管理し、自分の判断の元で、自分の選択で増やしていくというマインドがベースになります。このマインドがない人は手を出すべきではないですし、手を出すんでしたらずっと情弱のままでカモられる立場で生きるしかないです。

どうしても不安な時、うまくいかず誰かを頼りたい時、そんなときはこの言葉を思い出してみてください。
「相場の世界にボランティアはいない」
相場を張っている人間は、95%は金を稼ぎたい人です。残りの5%は面白いからゲーム感覚でやっているだけという人です。(私は後者に近いですが)
こんな世界に、わざわざ見ず知らずの他人に美味しい情報を教えるようなボランティア精神にあふれる人はほとんどいません。
中には、数人いるかもしれませんが、それはある程度の資産を築いた人か、何かしらのメリットが自分にあるからやっているのです。

連休明けの明日から、また相場が始まりますが、このマインドの部分をぜひ意識して取り組んでみてください!

エイチエム

中学受験を経て某中高一貫校に入学 付属高校に上がらず部活をやりたいがために田舎の高校へ 部活を挫折し、大学は慶應大学法学部法律学科入学 大手のエリート企業には行かず、スタートアップに入社 心労のため、現在は超優良中小企業で働いてます! 社会人3年目のリーマンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする